« ネコのヒトミはガラス球 | トップページ | キキログ・検索ワードランキング!? »

2007/02/17

ネコの いない 生活

昨晩、いつものように、リンク先のみなさんのブログにお邪魔しているときのこと。
すきっぱさんのところに行った時、「しろきん」ちゃんが、亡くなったということを知った・・・。

偶然にもその前の日、しっぽさんのところで、昔飼っていたネコを亡くされた時の話を読んで、涙したばかりだった。

 

当たり前だけど、ネコの命は有限で、人間よりもずっと短い。
確実に、その時はやってくる。

・・・もし、キキが、いなくなったら?

そういう状況を思い浮かべてみようとしてみたけど、でもまったく想像が出来ない。

約10年間、当たり前のようにそばにいるキキが、自分の世界の中でどれくらいのボリュームを占有してしまっているのか、それは失ってみないと気がつかないかもしれない・・・。

_igp0074_1

 

1度か2度か、キキがそれなりに長い期間、家にいないことがあり、とても寂しかった覚えがある。

いつもたいてい、視界の片隅のどこかにいるキキ。
朝、ご飯をねだるために起しに来るキキ。
夜、布団に入ると一緒にもぐってくるキキ。
何か作業に熱中していると、いつのまにかそばに来て、寝ているキキ。
仕事から帰ってくると、玄関のドアの前でお出迎えして待っているキキ。
あぐらをかくと、どこで察知したのか直ぐに来て上に乗ってくるキキ。

そういったもの全てが、いきなり一度になくなってしまい、違和感を覚えた。

キキを失った時の喪失感に、少しは似ているのだろうか?

_igp0407

 

ネコを飼うのはキキが初めてだけど、実家にいたときには庭で犬を何頭か飼っていた。
ペットロスも何度か経験し、立ち直るまでにずいぶん長い時間が掛かった。

でも、家ネコと外犬とでは、自分の生活に占める割合が違いすぎるのかも知れない。
あまりにも、一緒にいすぎる。感覚は殆ど自分の家族と一緒。

_igp0799

 

別に、キキがいなくなったときに備えて・・・なんてことを考えたくはない。

でも、すきっぱさんの件、しっぽさんの記事、それ以外にも他のネコブログさんで読んだ、ネコを亡くされたときの話などは、私の、ネコに対する「何か」を、少しだけ変えてくれたような気がする。

キキ、長生きしてね。

そして、一緒に、たくさん楽しい時間を過ごしていこうね!

_igp0975
キキ: 「なにが、なり? 楽しいなりよー!」

 

P.S.
(2007.2.18追記)
すきっぱさん、今は辛いと思いますが、いつかまたブログに帰ってきてくださいね。

|

« ネコのヒトミはガラス球 | トップページ | キキログ・検索ワードランキング!? »

コメント

2件の記事、私も拝見しました。
ペットも人間も寿命があります。
考えたくはないですが、お別れの時、できるだけ後悔することがないよう、今を大切に、楽しく過ごしていきたいと思いました。

投稿: 弥生 | 2007/02/18 10:08

あたしもLennを飼う前に実家でずっと一緒だった子が16歳でなくなったのですが、介護のいる状態だったのでいつも覚悟はしてたし、後悔のないようにせいいっぱい尽くして、一日でも長く一緒にいれるようにしたけれど、やっぱりみとったときはつらかったし、悔いが残りました。。。
もう二度と猫は飼わない(飼えない。。)っておもったけどLennにであってこの子を幸せにしてあげよう、あの子にやってあげれなかった分までやってあげようと誓いました。
いまだに思い出すと涙がでますが、出会えて一緒に過ごせたことがうれしいです。
ごめんなさい。だらだら長くなってしまって。。。

投稿: liz | 2007/02/18 11:17

私自体、哺乳類(笑)を飼うのはレオンが初めてです。
だからペットロスって考えただけでも、本当に怖いです。

我が家では私が病気の告知を受け、色んな事を諦めなければいけなくって、私自身が落ち込んでいて。それを見かねた夫が「猫を飼おう」って出会ったのがレオンです。
そういう意味では、本当にレオンは私の命の支えです。

生きている限り、命には限りがあります。
レオンがいなくなったら、って考えたら怖いですが・・・。
たくさん幸せな想い出を作っていきたいですし、たくさん愛情を注いで生活をしていきたいですよね。
どんな時でも「お別れの時」って後悔がつきまとうものです。
私は両親が他界してますから・・・。
でもでも、少しでも後悔が少ないように一緒に過ごしていきたいと思っています。
って何だか自分の事ばかりですが・・・。
あぁ、でもでも、少しでも長く一緒に居たいですよね!!!!

投稿: パンダ | 2007/02/18 11:24

↑パンダさんのコメントを拝見して、胸がつまりました。
私もネコを飼い始めたきっかけは、自分の病気です。
私にとっても、ネコたちは命の支えです。

少しでも長く、一緒にいたい。
少しでも多く、幸せにしてあげたい。

投稿: リョウコ@ネコのいる幸せ | 2007/02/18 13:59

辛いことですが、避けては通れないことと思っています。
いつまで一緒に暮らせるのかはわかりませんがいつかは訪れること。
それまでは私が元気でいないと、この子たちに寂しい思いをさせてしまいそうで。
そしてまたいつかきっと会えるのでは、と考えています。
2年程前に病気でフェレットを亡くしました。手術にも耐えてとても頑張ってくれた子でした。辛かったです。
毎日を大切に楽しく一緒に過ごしていけたらと思います。

投稿: ひぃ~さん | 2007/02/18 14:27

おもわず涙してしまいました。。。
いつか訪れる別れの時。
もし私の生活からこの子達がいなくなったら、、、と考えると、とても恐ろしく、恐怖です。
この子達と出会って、おおげさですが私の人生は変わりました。
これから先の人生で、私が猫と関わりをなくすことはないと思います。
この子の一生は幸せだったね、と思えるよう、たくさん愛情を注いでいきたいです。

投稿: あららん | 2007/02/18 15:29

>弥生さん

「しろきん」ちゃんの件、ショックでしたね・・・
ペットも人間も、大切にしていかなければならないですよね。
あのとき、こうしていたら・・・って後悔しないように。

>lizさん

ごめんなさいだなんて、全然です。
長く書いていただいて、ありがとうございました。

キキを失った時、果たしてもう一度ネコを飼いたいと思うかどうか・・・
今はまだよく分からないけど、でも私もきっとまた、ネコと暮らすことを選ぶような気がします。
それだけ、ネコ達から貰っているものって、すごく大きいと思います。

投稿: にーちん | 2007/02/18 19:42

>パンダさん

そうだったんですか・・・通院していらっしゃる話は読んで知っていましたが、
そういうこととは知りませんでした・・・。
レオンちゃんとは、ホントにいつまでも一緒にいたいですよね・・・。

私も父を早くに亡くし、母を大切にしなければ、と思いつつ、親不孝を
続けてしまっています。口ばっかりです。

キキを失う恐さ、私も本当に恐いです。
もうすぐ10歳、という現実を思うと、だんだんとそんなことを考えることが増えてきました。
そんな中での出来事でしたので、つい、こんな記事を書いてしまいました。
スミマセン。パンダさんを始め、みなさんには辛いコメントを書かせてしまいましたね。

>リョウコさん

今日のリョウコさんの記事と、ちょっと重なっちゃいました。
(リョウコさんもパンダさんと同じなのですか?)

リョウコさんも書いているとおり、
可能な限り、長く一緒にいたいし、可能な限り、幸せにしてあげたいです。
そして、最後まで責任を持って、そばについていてあげたいです。

投稿: にーちん | 2007/02/18 19:52

>ひぃ~さん

心のどこかでは、覚悟しておかないといけないのでしょうね。
そしてその上で、大切に、楽しく、元気に、一緒に過ごしていく。

「うちにゃん@レオっち」のしっぽさんが、こう書いていました。
『レオを飼った時に、「おまえが死ぬ時はそばにいてあげるから」って話しました。』
これを読んだときに、ああそうか、そういう覚悟なのか・・・と、ちょっとヒントを貰ったような気がしました。

>あららんさん

みなさん、多分ご自分のネコさんに重ねて考えてしまいましたよね・・・
それってきっと辛いことだったと思います。ごめんなさい。

私も、キキと出会ってから、きっと人生変わったのだと思います。
キキから貰ったものって、たくさんあります。
変な話ですが、キキに支えられたようなことも何度か・・・
その分、大切にしていきたいです。

投稿: にーちん | 2007/02/18 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコのヒトミはガラス球 | トップページ | キキログ・検索ワードランキング!? »